(1)お客様の作品をご紹介いたします。S様の作品。 | Hawaiian quilt Kai

2018/11/24 22:56

こんばんは!

11月終わりに近づき、寒くなってきました。

WEB shopを始めて、3年。
最初の一年(2016年)は、時々、いえいえ、時たま、しか、売れませんでした。
2017年から、少しずつ、ハワイアンキルトキットのオーダーをいただくようになり、今年2018年は、たくさんのキットのご注文をいただけるようになりました。
ご購入下さったお客様、本当にありがとうございます。

少しずつですが、お客様が作られた作品を、こちらで紹介させていただこうと思います。
お写真を以前お貸しくださったお客様、ありがとうございます。
そして、ご紹介が、とても遅くなってしまったこと、申し訳ございません。


本日は、S様のやしの木のポーチから。

S様は、自己流でハワイアンキルトを始められた方と伺いました。

ハワイアンキルトの作品は、私のキットで2作目でしたが、オレンジのヤシの木のポーチ、とても上手に作られていています。


オレンジの夕焼けのポーチをご覧になったお母様が、すごく気に入って下さったそうで、
「作ってほしい!」とお願いされたそうです。
そして、ヤシの木のポーチ、二つ目を作って下さいました。


表も裏も、違った空の景色が見えて、とってもすてきです。

どちらのポーチも、きれいなキルトラインと、仕立ての丁寧さが伺える作品です。

S様、作って下さり、本当にありがとうございます。
その後も、キットをご購入いただいておりますので、また、ご紹介させていただこうと思います。


今では、とても、きれいな作品、難しい作品もご自分で、どんどん作られています。
それでも、

「まだ、すべての説明書ファイルしていまして、時々、引っ張り出してきて、ポーチを作る時に見ています」

とのメッセージいただきました。

こんな風に感想いただけて、嬉しかったです。



ハワイアンキルトはチクチク、時間がかかる作品です。
どんな思いで、針を持っていたのでしょうか?

プレゼントする方を思い浮かべて?
今日一日にあった出来事を思い出しながらでしょうか?
優しい、いい時間を過ごすことができたでしょうか?

出来上がった時の喜び、嬉しかった気持ちと共に、エピソードを交えて、ご紹介できればと考えています。

お顔を知らなくても、どこか、こんな風に繋がれれば、幸いです。

*今のところ、作品のお写真少なめです。
 完成しています!というお客様がいらしたら、是非、お送りくださいませ。

*それから、もう一つ!!
 キットをご購入下さったお客様、お忙しい時もあるでしょうし、途中で止まって、そのままになっている時もあると思います。
 また手にとって作り始めた時、「もう、買ってから、ずいぶん時間が経ってしまったから」なんて思わずに、遠慮なく、分からないことは質問してくださいね。